士業広告のパイオニア、株式会社L-net/ニュース

【石川】依頼者の意向を無視して裁判続け報酬1億3000万円 業務停止に

2013年3月22日

金沢弁護士会は22日、訴えを取り下げようとした依頼者の意向に反して裁判を続け、高額な報酬を受け取ったなどとして、同会所属の敦賀彰一弁護士(63)を業務停止2カ月、儘田明佳弁護士(53)を戒告の懲戒処分にした。

弁護士会によると、両弁護士は2001年に経営破綻した石川銀行に損害賠償を求めた訴訟をめぐり、訴えを取り下げても弁護士に多額の報酬を支払わなければならないなどと誤った事実を原告に説明。控訴審判決確定後に、2人で計約1億3千万円の報酬を受けとったとしている。

※引用
2013年3月22日 MSN産経ニュース
意向無視し裁判続け報酬1億3000万円 2弁護士に業務停止2カ月

画面を閉じる
L-netのTOPへ
Copyright © L-net Co.,Ltd. All Rights Reserved.