士業広告のパイオニア、株式会社L-net/ニュース

無罪に指定弁護士が控訴 強制起訴の初判決で

2012年4月20日

上場の見込みが薄い未公開株の購入を持ち掛けて現金をだまし取ったとして詐欺罪で強制起訴され、那覇地裁で無罪となった投資会社の白上敏広社長(60)=沖縄県南城市=について、検察官役の指定弁護士は27日、判決を不服として福岡高裁那覇支部に控訴した。

14日の那覇地裁判決は2009年5月に導入された強制起訴制度による被告への全国初の判決。

社長は02年4〜5月、上場の見込みが薄い企業の未公開株購入を持ち掛け、沖縄県内の3人から計4800万円をだまし取ったとして強制起訴された。那覇地裁は時効成立部分を免訴とした上で「刑法上の詐欺に該当しない」として無罪を言い渡した。

※引用
2012年3月27日 産経新聞
「http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/552687/」

画面を閉じる
L-netのTOPへ
Copyright © L-net Co.,Ltd. All Rights Reserved.