士業広告のパイオニア、株式会社L-net/ニュース

生保協会、震災孤児に保険金を適切に支払うため、弁護士会と協力

2011年7月01日

生命保険協会は6月17日、東日本大震災で肉親を亡くした震災孤児に対して生命保険金を適切に支払うことを目的に、行政機関、弁護士会などの協力を得て、関係者間による情報連携のための「未成年者生保支援ネットワーク」を創設したと発表した。ネットワーク参加者は現在、福島県中央児童相談所、岩手弁護士会、仙台弁護士会、岩手県(保健福祉部児童家庭課)、福島県弁護士会(予定)、生保協会、協会加盟47社の生保会社。

※引用
2011年6月22日 サーチナニュース
生保協会、未成年者生保支援ネットワークを創設

画面を閉じる
L-netのTOPへ
Copyright © L-net Co.,Ltd. All Rights Reserved.