士業広告のパイオニア、株式会社L-net/ニュース

【奈良】法テラス、非常勤職員の賃金めぐり訴訟

2011年5月18日

「責任の重い仕事をしているのに理不尽」。法テラス奈良法律事務所(奈良市)の非常勤職員の女性(38)が、日本司法支援センター(法テラス)に対し、常勤職員と同等の賃金を求め奈良地裁に起こした訴訟。女性は取材に対し「せめて自立して生活できる給料を支払ってほしい」と窮状を訴えた。法テラスは低所得者や過疎地にも司法サービスを提供するために設立された公的な法人だ。その職員が不安定な立場に置かれている現状が浮き彫りになった。

※引用
2011年4月27日 毎日新聞 地方版
「法テラス賃金差別訴訟:責任重く理不尽 非常勤職員女性「自立できる給料を」 /奈良」

画面を閉じる
L-netのTOPへ
Copyright © L-net Co.,Ltd. All Rights Reserved.