士業広告のパイオニア、株式会社L-net/ニュース

弁護士153名が国選弁護報酬を過大請求

2011年4月12日

3月29日、日本司法支援センターによる「国選弁護報酬の過大請求に関する調査結果」が公表された。225件(153名)の過大請求があったことが判明したこと、今回の調査結果が国選弁護制度に対する国民の信頼を揺るがすものであり、このことの信頼回復へ会員一人ひとりが注意することなどが述べられている。
国選弁護報酬は、弁護士自身の報告に基く接見回数、公判回数などが基になっている。
国選弁護報酬過大請求の手口は、この回数を過大に申告して請求していることによる。
していない仕事を行なったようにして報酬の請求を行なっており、故意であれば罪に該当する。

※日本司法支援センターによる
「国選弁護報酬の請求に関する調査結果について」(全文)

※引用
2011年4月8日 NetIB NEWS
弁護士153名が国選弁護報酬を過大請求

画面を閉じる
L-netのTOPへ
Copyright © L-net Co.,Ltd. All Rights Reserved.