士業広告のパイオニア、株式会社L-net/ニュース

弁護士の懲戒処分、過去最多の80件

2011年3月7日

全国の弁護士会が平成22年中に、弁護士や弁護士法人に出した懲戒処分が過去最多の80件に上ったことが2日、日本弁護士連合会(日弁連)のまとめで分かった。日弁連では「弁護士数が毎年増えていることが原因ではないか」と説明している。
日弁連によると、全国の弁護士会に昨年出された懲戒請求は計1849件。このうち、懲戒処分とされた80件の内訳は、弁護士資格を失う最も重い除名が1件、資格は残っても業務ができなくなる退会命令が7件。業務停止(1〜2年)が5件、同(1年未満)が24件。最も軽い戒告は43件だった。処分の理由では、弁護士会への会費未納が目立ったという。

※引用元
2011年3月2日 MSN産経新聞
弁護士の懲戒処分、過去最多の80件

画面を閉じる
L-netのTOPへ
Copyright © L-net Co.,Ltd. All Rights Reserved.