士業広告のパイオニア、株式会社L-net/ニュース

【京都】京都弁護士会:新会長に小川氏。「裁判員裁判見直しに向け十分に検討」

2011年2月2日

京都弁護士会は19日、平成23年度の会長に小川達雄弁護士(58)を選出した。また副会長は黒澤誠司(44)、松本智之(43)、辻孝司(42)、戸田洋平(37)の4弁護士に決まった。任期はいずれも4月1日から1年間。

小川弁護士は同日、京都弁護士会館(京都市中京区)で記者会見し、「市民にとって身近で頼れる司法を作ることに尽力したい」と抱負を述べた。司法の存在を広く知ってもらうために、広報活動を活発に行うという。

また、裁判員裁判については「平成24年の見直しに向けて、今年1年間で十分に検討し、京都弁護士会としての意見をまとめたい」と語った。

※引用元
2011年1月20日 msn産経ニュース
「市民に身近な司法を」 京都弁護士会長に小川氏

画面を閉じる
L-netのTOPへ
Copyright © L-net Co.,Ltd. All Rights Reserved.