士業広告のパイオニア、株式会社L-net/ニュース

【鹿児島】公設事務所の損害賠償訴訟、債務整理で「不利益説明怠る」

2011年1月13日

奄美市の公設弁護士事務所の初代所長、高橋広篤弁護士(34)=静岡県掛川市=に債務整理を放置され、精神的苦痛を受けたとして奄美市の70代の女性が損害賠償などを求めた訴訟の判決が11日、鹿児島地裁名瀬支部であり、中辻雄一朗裁判官は原告の主張を一部認め、高橋弁護士に11万円の支払いを命じた。

判決は「時効待ち」の高橋弁護士の債務整理方法を「債務整理の期間が長期化し、依頼者の経済的更生を遅延させるのは明らか」と指摘。「原告が被る不利益を説明すべき義務を怠った」とした。

※引用元
2011年1月12日 毎日新聞 地方版
「奄美の公設事務所損賠訴訟:弁護士に支払い命令 「不利益説明怠る」 /鹿児島」

画面を閉じる
L-netのTOPへ
Copyright © L-net Co.,Ltd. All Rights Reserved.