士業広告のパイオニア、株式会社L-net/ニュース

弁護士、3万人時代。都市部は激戦 若手は“悲鳴”

2011年1月11日

法曹人口増加の政府方針により弁護士が15年前の約2倍の3万人を超えた。
地方の弁護士過疎に改善傾向がみられる一方、都心では競争激化で若手弁護士を中心に法律事務所に就職できず、弁護士にならない人も急増している。
日弁連は地裁支部管内に弁護士が全くいないか1人しかいない「ゼロワン地域」解消のため事務所開設資金を支援し、「ゼロ地域」は昨年末に消滅。ただ「地方は経験10年未満の弁護士が過半数。サービスの質はまだ十分でない」と話す。
一方、東京や大阪では激戦の様相。国選弁護人になるべく1日数件程度の依頼や抽選に若手弁護士が群がっているという。

※引用元
2011年1月10日 msn産経ニュース
弁護士、3万人時代 過疎改善も都市部は激戦 若手は“悲鳴”

画面を閉じる
L-netのTOPへ
Copyright © L-net Co.,Ltd. All Rights Reserved.