弁護士広告のパイオニア、株式会社L-net/ニュース

日弁連会長選挙、真の争点は地方の債務整理市場

2010年3月12日

3月10日に行われた日本弁護士連合会会長選挙再投票で、消費者問題に詳しい宇都宮健児弁護士が初当選した。  長年にわたり主流派弁護士が、派閥の大量得票で会長職を独占してきた歴史が終わりを告げた。
(3月11日 JanJanニュースより文章引用)

※ ソースはこちら
3月11日 JanJanニュース
「日弁連会長選挙、真の争点は地方の債務整理市場」

画面を閉じる
L-netのTOPへ
Copyright © L-net Co.,Ltd. All Rights Reserved.