弁護士広告のパイオニア、株式会社L-net/ニュース

広告が弁護士選択の際の要素に 「弁護士広告に関する調査」より

2010年3月8日

L-netは5日、「弁護士広告に関する調査」のまとめを発表した。
同調査は、株式会社インテージのインターネットリサーチ上で「過去5年以内に弁護士に債務整理の相談経験がある方」を対象に、3月1日から3日に非公開型インターネットアンケート形式で実施されたもの。有効回答者数は1,241人。
その結果、2000年10月に弁護士広告が解禁されて約10年で、知人や弁護士会等からの紹介以外にも、広告が弁護士選択の際の要素の一つとなったことが 明らかになった。

調査要旨はこちら

画面を閉じる
L-netのTOPへ
Copyright © L-net Co.,Ltd. All Rights Reserved.