弁護士広告のパイオニア、株式会社L-net/ニュース

中小の借り入れ拒否増加 法改正で与信厳格化 「安全網」重要に

2010年1月28日

消費者金融などの貸金業者に借り入れを申し込んだ中小企業経営者や個人事業主が借り入れを拒否されるケースがこの1年で増加したことが、日本貸金業協会が 25日発表したアンケートでわかった。上限金利引き下げなどの貸金業法改正や景気悪化で、貸金業者が与信を厳格化させたためとみられる。結果的に、経営者 らは従業員の給与カットや資産売却を余儀なくされており、同法の完全施行を6月に控え、いかにセーフティーネットを築くかが重要になりそうだ。
(1月26日 フジサンケイ ビジネスアイより文章引用)

画面を閉じる
L-netのTOPへ
Copyright © L-net Co.,Ltd. All Rights Reserved.